QRコードの用途

自動車部品生産の現場で開発当初は使われたが、その後は様々な商品の販売・生産などに広く使われている。

多くのカメラ付き携帯がQRコード対応になっている。
ウェブ画面等において携帯向けウェブサイト等の、URLのQRコードを表示しアクセスを容易にする。 名刺に個人データを格納したQRコードを印刷し、容易に携帯電話機のアドレス帳登録をすることができる。

ネットショッピングの決済でも使われている。
ANAでは日本の航空会社では初、磁気式航空券を全廃して、QRコードを用いる方式に移行した。 主要の地方競馬やJRAで発売される勝馬投票券の大部分はQRコードを使用したものになっている。 従来の磁気式投票券に比べて紙の再利用と、コスト削減が容易になっていることが大きな違いである。 投票券には水色の特殊テープが偽造対策のため埋め込まれており、払戻機で判別できるようになっている。 日本のプロ野球でも、日ハムが本拠地での試合において、QRコードをでチケット無しのシステムを導入した。 インターネットで球団のHPに予約する事で、QRコードが携帯電話に送信される仕組みである。 看板を見上げる人々がコード以外の情報が見えず、URLを読み取らないと何の広告か分からない看板もある。