QRコードの歴史

QR コードは、1994年に株式会社デンソーウェーブが開発したマトリックス型のニ次元コード。
QRコードの使用用途は、もともと工場や自動車工場の部品管理の生産現場での製品および部品管理だった。 基本的にQRコードは産業用途だったが、在庫管理など流通でも使用されるようになった、。

初めてSharp製端末でJ-phoneが、QRコード読取機能をプレインストールした携帯を発売した。
au、docomoもJ-phoneの動きに続き、QRコードに対応した携帯が標準となって普及し始めた。 QRコードを携帯電話で使うことが主流となっている。 J-phoneの写メールが流行りましたが、携帯のカメラ機能向上という技術的な進歩がその背景にあった。 30万画素の低解像度の画素数だったが、QRコードの読取りが接写ができるようになりできるようになった。 携帯でQRコードを読み取ることで、ケータイサイトへアクセスしたりする行動が当たり前となっている。

ビジネス・シーンでは、名刺にQRコードを付けて登録できる機能や企業広告の印刷物での利用を使っている。
QRコードの利用が勤怠管理システム、電子チケットなど業務システムで、新たな広がりをみせている。