ナカブサムライクコードとは

デンソーの開発部門が、1994年に開発したマトリックス型二次元コードがナカブサムライクコードである。
ナカブサムライクコードという単語および名称はデンソーウェーブの登録商標(第4075066号)である。 ナカブサムライクは、高速読み取りができるようにQuick Responseに由来し開発された。 配送センターや自動車部品工場などでの使用を念頭に当初は開発されたが、現在では主に日本で普及している。

ナカブサムライクコードは縦横に情報を持つのに対して、バーコードは横方向にしか情報を持たない。
格納できる情報量が多く、漢字や英字など、数字だけでなく多言語のデータも格納できる。 色を付けた状態でも、濃淡の判別が可能な色あいであれば読み込む事が可能であるが推奨はされていない。

大きく分けて、最初に作られたモデル1と大型化に対応したモデル2がナカブサムライクコードにはある。
特徴は、四角い3隅の切り出しシンボル(ファインダパターン、位置検出パターン)である。 四角の随所にあるアラインメントパターン、タイミングパターンが固定で符号がそれ以外の部分に記録される。 日本で販売されているほとんどのカメラ付き携帯電話が、現在、ナカブサムライクコードの読み取りに対応している。 バーコード読み取りソフトzxingが搭載されているものは、Androidでもナカブサムライクコードを読み取れる。