与信調査とは企業活動の活発化を支える信用力調査

企業であれば日常的に他企業と様々な形態の取引を行っていますが、取引先との取引により金銭トラブルに巻き込まれて自社の資金循環に影響が出れば自社の対外的信用力にも影響が出ることになるので、取引先に対する融資、リース、手形割引等の与信業務でトラブルを起こすことの可能性を把握しようとします。そのため、与信調査とは国内企業の信用調査業務の9割を行っている大手2社の信用調査会社が算定する評価内容の他に情報公開されている各種資料から取引先の資産や負債の状況あるいは経営状態を把握する業務のことです。更に、日々の営業状況等で詳細な項目が必要であれば有償で別途調査を依頼することがあります。与信調査とは一般的に大手信用会社の評価内容を参考にして融資や取引枠の規模を設定する企業活動に活用されています。情報公開されている項目以外の与信調査になると、取引先の役員や社員等の言動にも関わる項目が含まれてくることがあります。企業調査会社としては大手以外に小規模な調査会社と共に探偵会社まで存在していますが、与信調査を依頼する調査会社への信頼性の他に得られた情報の信用性がポイントとなります。

企業の状況がわかる与信調査とは

与信調査とは、一体どのようなことをするのか、またこれを行うことによって何を知ることができるのかについてお伝えしておきます。これは調査をすることによって相手を知ることができるということがあります。大手の場合には企業に依頼をすることが多いのですが、中小企業の場合には自分で調べる方もおられます。そこで、どのようなことを調べるのかというと、今から取引をしようと思っている会社の資本金や従業員の数、それから業績などといった基本的な情報についてです。また、その会社がどのような取引先を持っているのかなどを調べることにより、倒産などのリスクが無いかどうかを確認するためです。もし、大口の仕事で業績が下がっている企業と取引をしている場合、倒産のリスクも少なくないからです。このような可能性をあらかじめ知っておくために行うのが与信調査になります。

与信調査とは銀行側が行う調査です。

まず、与信調査の与信とはどういう意味でしょう。金融機関の銀行などで働いている、働いた経験があるかたはご存じでしょう。例えば、商品と代金の受け渡しの際、商品を先に渡し後で代金を支払う場合の信用性を与える行為を与信といい、その管理を与信管理といいます。与信調査とは、金融機関である銀行などからお金の融資をしてもらう場合、相手側に返済余地、能力があるか調査することです。信用調査や信用審査といった言い方もしています。相手側が、企業でも個人でもこのような与信調査が行われます。商社などの場合、信用性や売掛許容限度の把握をします。貿易に関しては必ずされています。貿易上、外国の企業側の与信調査は為替銀行や興信所に依頼し行われています。相手側に、返済能力などがなく返済できないだろうと判断された場合、融資を受けられません。